【インタビュー記事風に書いています】

OL・グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに
ポップでカラフルなイラストで、たくさんの人の目に留まるアイキャッチになりたい

名古屋フリーランスのイラストレーター

物心ついた頃から絵を描くことが大好きで、
小学校の卒業文集にも「将来イラストレーターになりたい」と書いていました。
美術の授業も好きで成績はいつも「5」。美術の先生との相性だけは抜群でした。

中学生の頃、アートディレクターの石岡瑛子さんがマイルス・デイヴィスのアルバムデザインで
日本人で初めてグラミー賞を受賞したニュースを聞き、
そのアートワークの格好良さに惹かれ、グラフィックデザインに興味を持つようになりました。
高校生になると、友達のバンドのポスターを描いたりしていました。

高校は進学校で、美大に進みたい気持ちでいっぱいでしたが、
家庭の事情もあり、卒業後は地元企業DENSOで、OLとして2年間働いていました。
同僚も多く上司や先輩にも恵まれ、それなりに楽しいOL生活だったのですが、
1年が過ぎた頃、自分がしたい仕事はこれじゃない…という気持ちがふつふつと芽生え、
グラフィックデザイナーになるため、退社しました。


さまざまな広告をデザインする日々

飛騨高山パンフレット   銀行パンフレット

OL時代に貯めたお金で、20才から日本デザイナー学院グラフィックデザイン科夜間部へ入学。
昼間はデザイン事務所等でアルバイト、夜 学校でグラフィックデザインの勉強をする毎日でした。
一人暮らしでお金もなく、学校の課題とバイトに明け暮れた生活でしたが、
学校も楽しくて、今思うとエネルギーに溢れたとても充実した日々でした。

ナディアパークのフロアガイド卒業後も、名古屋のデザイン事務所で
グラフィックデザイナーとして働きました。
近鉄パッセのポスターや名鉄観光のカレンダーなど、
様々なデザインを担当しました。

並行してイラスト制作も続けていて、
夜間部の友人たちと愛知芸術文化センターで、毎年
イラストレーションのグループ展を開催していました。


出産後、フリーランスのイラストレーターに

その後、結婚→夫の転勤で九州へ→長女・次女出産→地元へ。
下の子が小学校へ入学するのを機に、仕事を再開しようと思いました。
小学生の子供がいて、時間の不規則なグラフィックデザイナーを続けるのは難しいと思い、
子供の頃なりたかったイラストレーターとしての道を進むことにしました。

ファミリーのイラスト
2010年から、フリーのイラストレーターとして
活動開始。主に子供やファミリー向けの
イラストを描いています。

初めて頂いたお仕事は、
東海・北陸のお出かけガイドの表紙でした。
ムックのお仕事でしたが、
名古屋鉄道の中吊り広告になったり、
書店に貼られるB2ポスターになったりして、
とても嬉しかったのを覚えています。


現在は、夫と10代の娘2人と暮らしながらイラストを描く毎日です。
紆余曲折ありましたが、OL時代に学んだ社会人としての意識や
デザイナーの時に学んだデザインの基礎や印刷工程・クライアントとの関わりなど
イラスト制作する上で今も役に立っていると思います。

愛知県のかわいいイラストレーター
私のイラストによって、その広告に目が留まったり、
紙面の楽しさが増すように心がけて日々制作しています。
お仕事のご依頼・ご相談など、お気軽にご連絡いただけると嬉しいです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【イラストレーターズ通信 会員】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【HOBBY】 

映画鑑賞・音楽鑑賞・ウォーキング・森林浴・図書館で読書

【FAVORITE MOVIE】

「浮雲」監督:アキ・カウリスマキ
「道」 監督:フェデリコ・フェリーニ
「アパートの鍵貸します」監督:ビリー・ワイルダー
その他、 名作からB級ホラー・ディザスター・社会派など雑多に観るのが好き。

【FAVORITE MUSIC】

10代の頃ハマっていたのは、
NIRVANA・SEX PISTOLS・STONE ROSES・FUNKADELIC・SLY&THE FAMILYSTONEなど。
ずっと聴いているのは、CHET BAKER・MARVIN GAYE・INCOGNITOなど。

お笑いも大好き。「松本人志・高須光聖の放送室」を繰り返し聞きながら仕事や家事をしています。 
海外ドラマやドキュメンタリーも好き。