イラストレーターいまうらさくらのブログ

フリーランスのイラストレーター。元グラフィックデザイナー。【子供向けのカワイイイラスト】と【人物や文化系のシンプルなイラスト】二種類のテイストで制作しています。POPでシンプルな線画を描くのが得意。イラストレーターズ通信会員。愛知県在住。

カテゴリ:オリジナル制作 > 人物イラスト

イラ通のジャンル分けで『COOL』の作品数が圧倒的に足りなかったので、
数年前に描いた作品をブラッシュアップしました。
これはTシャツデザインコンテストの為に描いた作品で、
残念ながら入選には至りませんでしたが、このイラストを見てのご依頼もありました。

↓『ゲーマー万歳』
かわいいゲーマーのイラスト

↓『音楽愛好家』
かわいいバンドのイラスト

ゲームソフトのお店や楽器販売店などのショッピングバッグにどうかなと、
モックアップ加工してみました。
自分のイラストが描かれた紙袋を街行く人が持っていたら…なんて考えただけでワクワクします!

ショッピングバッグのイラスト

かわいい高校生のイラスト高校生の制服イラスト

最近、女子でもスラックスOKの中学や高校が増えてきているみたいです。
ブレザーの制服なら、女子でも可愛く着こなせるかも!
防寒やジェンダーフリーの観点から出来たこの規則。スカートが嫌な子にはとても嬉しいですね。

私の出身校は、男子→詰め襟・女子→セーラー服だったので、女子の詰め襟は厳しいかな。
近頃の制服の話しを聞いて、スラックス女子も可愛いな~と思って、こんなイラストを描いてみました。

美容院に行くといつも
美容師さんが腰に巻いているシザーケースって格好いいなと思って見ていました。
腰のシザーケースから、感覚でハサミや櫛を取っている感じ。
そんなことを考えていたら、
そういえば電気屋をしている実家の父も似たような (?) ベルトをしていたなぁと思い出して制作しました。

父の場合はスパナやドライバーなんかが沢山入った工具ベルトで、
年季の入った油まみれの汚いベルトでしたが、それがとても格好良くて…。
大工さんや料理人さん、他にも『職人』と呼ばれるような方々は、
自分の腕一本で食べているところがやっぱり格好いいんだなと思った次第です。

そんな職人さんたちに敬意を込めて描きました。
職人の道具イラスト

4月5日の「ヘアカットの日」のタイムラインに触発されて『ヘアカット』のイラストを制作しました。

この時期は多くのイラストレーターさんがクリエーターエキスポに出展されていて、
予定もないのに真剣に皆さんの呟きを拝見しておりました。
すごく出てみたい気持ちはあるのですが、東京で丸3日間…となると家を空ける事がちょっと不安。
いつか、いつの日か出展したい!それまでは地道に営業しようと思います。

ヘアカットのイラストを描いていて思ったのは、
やっぱりシンプルでデザイン的なイラストも好きだなと感じた事。
沢山の方の目を引くようなイラストレーションをもっと描いていきたいと思います。
美容院のイラスト

ベジェ曲線で描いた彩色前の線画  ↓こんな風に使ってもらいたいな~という意味でモックアップ
ヘアスタイルのイラスト

ミザリー・怒った女性のイラスト 先日BSで映画『ミザリー』が
 放送されているのをみて制作しました。

 原作も面白いですが、
 映画はキャシー・ベイツが何とも可愛らしい!
 完全に狂気。主演女優賞も納得です。
 悲運の作家役ジェームズ・カーンは
 『ゴッドファーザー』のソニーが最高でした。
 あの料金所のシーンはたまりません。

 あまり万人受けしないしない、このイラスト。
 自分では結構好きなので、
 このタッチもガンガン描いていこうと思います。

2月14日が誕生日だった彼をイメージしてイラストを制作しました。
今回は、音楽系の月刊誌やムックを想定しています。
若かりし頃、全アルバムを買って聴き込んでいて、
夜間で通っていたデザイン学校のスケッチブックにも彼の落書きを沢山描いていました。
今生きていたら52歳。どんなオジサンになっていただろう…。
ミュージシャンのイラスト

始めから音楽月刊誌の表紙にしようとイラストを考えていました。
考えていたものよりシンプルな彩色になりましたが、元の案はこんな感じです。
雑誌のラフ

できるだけ毎月一回『勝手に音楽月刊誌』と銘打って、パンク・テクノ・ソウル・ハウス・ファンク等々、
大好きなミュージシャン達を描いていきたいと思います。
音楽雑誌の表紙イラスト

こども向けは、あまりに競合や似たテイストのイラストが多い…という事で、
本来自分が好きな映画や音楽などのオリジナル作品を増やしていこうと、
早速映画のイラストを描いてみました。

2月4日がゾンビ映画界の巨匠の誕生日だったので、大好きな監督に思いを馳せて、
ゾンビ映画を撮影しているシーンを描きました。
イラストにインパクトが出るよう色数は少なく、シンプルに。怖いけど可愛い感じで。
日本の幽霊ものはリアルすぎて一切見れないのですが、
外国のホラーは特殊メイクやVFX効果を見るのが楽しいし、リアルじゃない!ゾンビ実在しないし。
だから監督の『オブ・ザ・デッド』シリーズも大好きなんです。
ジョージ・A・ロメロ監督

前回ラフの前段階を省いていたので、レイアウト前のパーツも載せておきます(右)。
こんな風にパーツごとに描いて、フォトショでレイアウトしています。
(汚すぎて恥ずかしいので、滅多に見せない部分です。)

左はモック用に作った架空のゾンビ映画祭のポスターです。夜中にゾンビ映画はさすがに怖いかも…。
ホラー映画のイラスト

こんな感じで実際に好きなことをお仕事に出来たら嬉しいなと思っています。
映画のポスターイラスト

ハロウィンの季節がやって来ました。
が、私は横目で眺めてるだけで何かする訳でもなく、便乗してイラストを描く程度なのですが、
今年は新作が描けなかったので、去年のイラストをブラッシュアップ。
完成品はこちら↓(メイキングも合わせて載せておきます。)
かわいいハロウィンのイラスト


ドラキュラのイラスト
①サムネイル (鉛筆描きで何となく配置を考える)

フランケンシュタインのイラスト
②ラフ (輪郭線を手描きで描く時はラフもしっかり)

ミイラ男のイラスト
③線入れ (普通の水性ペンで、レイアウト調整できるようパーツごとに描いて貼り合わせます)

ハロウィーンのイラスト
④彩色・パターンを入れてほぼ完成→ブラッシュアップしたら完成!

オリジナル作品「BLEACH」を
制作しました。過去のイラストを
ブラッシュアップした作品です。

二十の頃、NIRVANAが好きで、
全アルバム聴きまくっていたので、
ファーストアルバムから影響を受けて、
このタイトル。
今もイライラすると、
パンクやオルタナティブロックを
大音量で(イヤホンしてますが…)
ガンガンに聴いて、ストレス解消!

男性ミュージシャンのイラストオリジナル作品「MOHAWK」を
制作しました。以前描いたイラストを
ブラッシュアップした作品です。

中3の頃ハマっていたPUNKや
PSYCHOBILLYを思い出して、
描いてみました。
あの頃が一番、
音楽文化を受け入れる器が
大きかった気がします。
今も昔の音楽ばかり聴いています。

↑このページのトップヘ