イラストレーターいまうらさくらのブログ

フリーランスのイラストレーター。元グラフィックデザイナー。【子供向けのカワイイイラスト】と【人物や文化系のシンプルなイラスト】二種類のテイストで制作しています。POPでシンプルな線画を描くのが得意。イラストレーターズ通信会員。愛知県在住。

タグ:映画

たまたま見かけた映画『ジョジョ・ラビット』のプロモーションで、
ヨーキー役のアーチー・イェーツがたまらなく可愛くて、ちょっと落書きしてみました。

第二次世界大戦中のドイツ、空想の友達がヒトラーという設定を聞いて、
観るのはどうかな…と勝手な先入観で思っていたのですが、
実際のところはヒューマンドラマらしいので、
レンタルが出たら、観てみたいなと思っているところです。
(コロナの影響で映画館に行きたくない…。)

ジョジョとヨーキーがキャッキャしているのを見るだけでも楽しそう!

かわいい男の子とロボットのイラスト

以前BS NHKで特集されていた『闇の神話を創った男H・P・ラヴクラフト』をやっと観ました。
ラヴクラフトというと最近はゲームで人気のようで、
私は高校生の頃にかなりハマっていた怪奇小説家です。
マイケル・スレイドの『グール』を読んで、そこからラヴクラフトを知って魅了された記憶。

番組では『
狂気の山脈にて』に影響されたとされる『遊星からの物体X』も出てきて、ちょっと嬉しい!
SFホラーは、何者かも分からない未知の恐怖がジワジワ来て最高に楽しいんです。

番組に影響されて、私もちょっとファンアートを。
ラヴクラフトの中でも、かなり好きな『インスマウスの影』をイメージしました。
ホラー小説の装画や雑誌の特集のイラスト、描けたら最高に幸せ。
innsmouth

ミザリー・怒った女性のイラスト 先日BSで映画『ミザリー』が
 放送されているのをみて制作しました。

 原作も面白いですが、
 映画はキャシー・ベイツが何とも可愛らしい!
 完全に狂気。主演女優賞も納得です。
 悲運の作家役ジェームズ・カーンは
 『ゴッドファーザー』のソニーが最高でした。
 あの料金所のシーンはたまりません。

 あまり万人受けしないしない、このイラスト。
 自分では結構好きなので、
 このタッチもガンガン描いていこうと思います。

こども向けは、あまりに競合や似たテイストのイラストが多い…という事で、
本来自分が好きな映画や音楽などのオリジナル作品を増やしていこうと、
早速映画のイラストを描いてみました。

2月4日がゾンビ映画界の巨匠の誕生日だったので、大好きな監督に思いを馳せて、
ゾンビ映画を撮影しているシーンを描きました。
イラストにインパクトが出るよう色数は少なく、シンプルに。怖いけど可愛い感じで。
日本の幽霊ものはリアルすぎて一切見れないのですが、
外国のホラーは特殊メイクやVFX効果を見るのが楽しいし、リアルじゃない!ゾンビ実在しないし。
だから監督の『オブ・ザ・デッド』シリーズも大好きなんです。
ジョージ・A・ロメロ監督

前回ラフの前段階を省いていたので、レイアウト前のパーツも載せておきます(右)。
こんな風にパーツごとに描いて、フォトショでレイアウトしています。
(汚すぎて恥ずかしいので、滅多に見せない部分です。)

左はモック用に作った架空のゾンビ映画祭のポスターです。夜中にゾンビ映画はさすがに怖いかも…。
ホラー映画のイラスト

こんな感じで実際に好きなことをお仕事に出来たら嬉しいなと思っています。
映画のポスターイラスト

お盆休み中は合間に好きなイラストを描こうと思い、過去のイラストをブラッシュアップして、
子供向けではない新作2点を制作しました。
もっと面白い構図でいろいろな物を描けるようになって、いつか装画を描いてみたい!

「どんなゲームが好き?」            「REDRUM」
ゲームコントローラーのイラストrabbit

↑このページのトップヘ